• iPhone7sのパーツを購入する際の注意点

    iPhone7sは単体で利用するだけでも便利ですが、アップル純正、サードパーティ製を含めて多数の対応パーツを利用すると楽しみが増します。

    iPhone7sのパーツで多いのが音楽関連です。
    ヘッドホンやスピーカー、コンポ、FMトランスミッタなどiPhone7sの音楽機能をフル活用するパーツが多数販売されています。


    これはiPhone7s3Gからの傾向で音楽のためのパーツが豊富なのも魅力と言えます。

    iPhone8の在庫の情報が必ずあります。

    しかし、iPhone7s5以降は購入の際注意点が1つあります。それはMFi認証をとっている製品を選ぶことです。
    MFi認証とはアップルが認めたパーツであることを示します。5以降ではライトニング端子を利用する製品が多いですが、ライトニング端子はデータ転送以外にも多数の制御を可能にしており、それらすべてをアップルが管理しています。MFi認証はそれらを利用することを許可したことでもあります。
    MFi認証を取っていない製品でも独自にりようできることを検証したパーツも多数販売されていますが注意したいのは今使えても明日使えるか分からないということです。

    MFi認証は主にOSのバージョンアップで厳しくなると言われています。

    あなたに合った条件のYOMIURI ONLINEについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

    そのため、現OSで問題ないからといっても、パッチがあたった段階で駄目になる製品も少なくありません。